2017年06月24日

拓郎「陽水は記者会見でアドベンチャー」

ラジオ番組「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイト・ニッポン・ゴールド」
陽水出演
 
拓郎「フォーライフはあの時
 俺と小室さんが結局最初は言い出しっぺでさあ
 小室さんも陽水に声かけようかな
 じゃあ俺、泉谷に声かけるよ
 と流れとしてあったんだけど
 声かけられて嬉しかったの」
陽水「嬉しかったかな
 新しいことやってみたいこともあった
 何か新しいものが好きだったんだよ
 そういう時代だったんだよ
 現状維持よりもね」
拓郎「自分達が、まだ若かったから、
 30そこそこで何か出来るかなという期待感があった
 だから陽水はあの時の記者会見で
 アドベンチャーだと言っていた」
陽水「そうそう」
拓郎「今でも覚えてるよ
 俺なんかさあ、真面目にさあ
 フォーライフ作ったら
 プロデューサーシステムを確立したいと言って
 すごく真面目だろー
 真面目過ぎてつまんない」
坂崎「(血液型)A型なんだ」
拓郎「陽水やっぱり(血液型)AB型だよなー
 アドベンチャーですって
 どうでもいいじゃん
 アドベンチャー」
 
-----------------------------------------------------------
せっかく先日のblog 陽水、アドベンチャー で
評価が高くなるように書いたのに
拓郎さん
「どうでもいいじゃん
(どうでも言えるよね)
 アドベンチャー」って
ざんね~ん!(笑)
でも、それが陽水さんの魅力
「どうでもいいじゃん」だからこそ
アドベンチャーでチャレンジできる
いまの若者にもある意味見習って欲しい
「どうでもいいじゃん」
アドベンチャーになるために
 
関連blog 陽水、アドベンチャー
 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つぶす・破壊・デタラメ・テキトウ | 自由・自由自在

2017年06月23日

陽水の将棋は深い!?

ラジオ番組「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイト・ニッポン・ゴールド」
陽水出演
関連blog 「俺、将棋・相撲やらせると結構強い」と陽水
 
陽水「しかし、坂崎君ね、ちょっとわかってないのは
 観るのもお好きですか?(と僕にさっき聞いたけど)
 やるのより観る方が面白いよね
 やるのはさあ」
拓郎「やるのはヘボだから」
陽水「ヘボだから
 面白くも何ともない」
坂崎「プロがやってんのを(観ると面白い)」
拓郎「やるのはほとんど
 インチに近い将棋やってるからさ~
 途中でルール変わって
 酒飲んでやってるから
 将棋になってないんだけど
 将棋は深いんだ」
陽水やっぱ、観るのは面白いんだあ
 なかなかねスゴイんだ」
 
-----------------------------------------------------------
昨日のblogで、日本中が注目を浴びた経験のある
陽水さんから、いま話題のプロ棋士・藤井颯太四段に
一声アドバイスをと書いたが
結構強いと自慢しても
酒飲んで将棋やっちゃってるとは
ダメだこりゃ
「将棋は深い」と言われても入ってこない (ーー;)
「酒は深い」ならわかるが(笑)
 
昨日のblog 陽水、藤井颯太



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) つぶす・破壊・デタラメ・テキトウ | 知人・友人・仲間

2017年06月22日

陽水、藤井颯太

昨日、将棋プロ棋士 藤井聡太四段(14歳)が
公式戦28連勝達成
連勝記録歴代1位タイ
まさに神童でしょう
しかし、飄々とした表情の中にある勝負師
なにかゾクッとしたものを感じます
将棋好きの陽水さんは
この大記録や藤井棋士をどう見たでしょう?
日本中が注目する出来事は
そう誰もが経験できるものではないが
それを経験した大先輩の陽水さんなら
声をかけるとすれば、どうかけるでしょうね
極めて酷いへそ曲がりの陽水さんなので
藤井颯太棋士であっても
将棋で勝つ以上に
そのコトバは読めないでしょう(笑)
 
参考blog 将棋だけは気の合った陽水と拓郎



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 少年・子ども | 超越・超人

2017年06月21日

陽水・リリーの“ターニングポイント”

POPEYE」2017年3月号
特集「二十歳のとき、何をしていたか?」
陽水へのインタビューもあるが
リリー・フランキーを取り上げ
関連blog 陽水、リリー・フランキー一緒の目
 
リリー「よくターニングポイントがあると思っている
 若い人がいると思うけど
 そんなものはなくて
 積み重ねてきたことで
 ぼんやりと方角が変わって
 新しい仕事が入ってくる」
 
-----------------------------------------------------------
ターニングポイント
陽水さんの場合、どうだろう?
一般的に考えれば、デビューやアルバムのミリオンセラーが
ターニングポイントなんだろうけど
ミリオンに「やったー」という気持ちになれないんだから
リリーさんと同じようにターニングポイントは
なかったんじゃないかなぁ
その証拠に
リリーさんの「ぼんやりと…」
この言葉は陽水さんよく使っている
陽水さんとリリーさんは同じ、たぶん、おそらく、観測的希望で (^-^;
 
関連blog 冒険家・陽水

「POPEYE」2017年3月号
 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) あいまい・ゆるい・ぼんやり | 外し

2017年06月20日

陽水、町田康

日経新聞 2017.6.18.に
町田康(作家)の記事が載っていた
作家であり、ミュージシャンでもある町田康
陽水さんともコラボしている
曲「新しい恋」
ジャンルは違うが
アウトロー的なところは共通しているのだろう
(私としてはだが)久しぶりにお目にかかった
その記事には次のようなことが書かれていた
 
「言葉が意味としてではなく
 サウンドとして響いてくる
 その結果、小説の文章の調子が整う面はある」
 
-----------------------------------------------------------
「言葉が意味としてではなく
 サウンドとして響いてくる」
陽水さんと同じだ
「その結果」については
町田康さんの場合、「小説の文章の調子が整う」
陽水さんの場合はなんだろう
やっぱり「曲の調子が整う」だろうか
「喉の調子が整う」かもしれない
 
参考blog 陽水、口や発声、喉に最適な曲
 
曲「新しい恋」の挿入されているアルバム『LOVE COMPLEX 』

 



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コラボ・コンビ | 言葉・音の響き

2017年06月19日

陽水、嘘ではありません

「井上陽水 コンサート2017 ″Good Luck!″」
会場で販売されていた公式パンフレットを購入
関連blog 陽水、後ろに隠れて
 
パンフへの陽水コメントは次の一言だけ
「最近は
 皆様の前で歌うことが
 楽しいです
 嘘ではありません
 Good Luck!」
 
-----------------------------------------------------------
「嘘だ」とは誰も思わない
普通ならばね
50年近くも第一線で歌い続けているんだから
でも、あえてわざわざ
「嘘ではありません」
コトバの逆を読めば
「皆様の前で歌うことが
 楽しくない」
ときもあった
しかし、長年続けていれば
「楽しい」
そう変化してきた
だから皆さんも…、というメッセージを込めて
「Good Luck!」
そうじゃないかな!? (あくまでも勝手な解釈です)
 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トーク・コメント・MC | 疑問・否定・ネガティブ・ダメ出し・上から

2017年06月18日

陽水、自作自演

「POPEYE」2017年3月号
特集「二十歳のとき、何をしていたか?」
陽水へのインタビュー掲載
(関連blog 陽水のアンテナ  )

RKB毎日放送へ持ち込んだ
自作のテープ
運よく、放送局で録音し直したのを流してくれた
「僕も少しズルをして
 浪人の友達がたくさんいましたから
 5枚ずつハガキを配って
 今度僕の曲流れるんでリクエストしなさいって(笑)」
 
-----------------------------------------------------------
陽水さん、3浪もしてますから
そりゃあ、友達もたくさんいるでしょう
「リクエストしなさい」という命令も
その当時じゃぁ、先輩にタテつくわけにもいかず
ましてや、超変わり者、へそ曲がりとくれば
しぶしぶハガキを書いた後輩も多いはず(笑)
その結果、リクエストの大量投票
福岡という大都市だけど
自作の曲はまだ珍しい時代、目立ったんでしょうね
“自作自演”的な手法で本格デビューへ
やっぱり商売上手! (^^)v
 
「POPEYE」2017年3月号

 



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テレビ・ラジオ・BS・CS・CM | 商売上手・才能・商才・天才

2017年06月17日

陽水、アドベンチャー

『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
特別ロングインタビュー井上陽水
一昨日のblog 冒険家・陽水 の続き
 
「また違うところに行かないと…」に対して
私は冒険家と表現したが
陽水さん自身も同じことを言っていたことを思い出した
フォーライフを吉田拓郎などと設立したときの
インタビューで「アドベンチャーだ」と!
誰も踏み入れていない場所に進んでいく
若かりし頃からその傾向はあった
ところで、陽水さんは、なにに影響されたのだろう?
普通は、ビートルズやボブ・ディランをあげるだろうけど
もっと深いものがあるとみている
郷里・福岡県田川の炭鉱夫の言葉が印象的だ
「俺たちは毎日、地の底で命をかけてるんだ」
陽水さんがあるTV番組で話していた言葉だが
ある意味、炭鉱夫もアドベンチャー!
そう考えれば
郷里のDNAを引き継いでいることから頷ける
 
参考blog 陽水、作風の裏
 
『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
53 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 郷里・福岡・タモリ | 人間・本能・特性・DNA

2017年06月16日

陽水、へそを曲げて50年

『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
特別ロングインタビュー井上陽水
blog 冒険家・陽水 の続き
 
「へそ曲がりなところがあるんでしょうね
 いろいろとやりながら
 あっという間に50年近くが経ちました」
 
-----------------------------------------------------------
へそ曲がりは嫌われるのが筋だ
私もどちらかというとその類(たぐい)
結構、疎(うと)まれている
しかし、陽水さんの場合はファンが多い
嫌われているというイメージがない
で「あっという間に50年近く」が経ったと
どうしてだ? 同じへそ曲がりなのに(泣)
思うに、へその曲がりの具合
他人が想像できるぐらいだとダメ、嫌われる
他人が想像できないぐらいになれば好かれる
ということだろう
しかし、考えてみれば
他人が想像できないぐらい「へそが曲がってる」って
なかなかなものだねぇ~
実際のヘソがトンでもないぐらい曲がってるのかも
それがホントだと、納得できる
 
『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
53 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心理・性格 | 超越・超人

2017年06月15日

冒険家・陽水

『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
特別ロングインタビュー井上陽水
関連blog 陽水、口や発声、喉に最適な曲
 
「過去アルバムが好評ということが
 3,4回あったんですけど
 好評ということになると
 このラインでもっとがんばろう、
 という気になれないタイプなんです
 また違うところに行かないと…」
 
-----------------------------------------------------------
「また違うところに行かないと…」
同じところにとどまっておれない
それが富をもたらしてくれたとしても!
陽水さん、冒険家ですねぇ~
だいぶ変わってますけど m(._.)m
でもいいんじゃないでしょうかこんな冒険家
いや、これこそ冒険家だ(笑)
 
『季刊analog』2016 AUTUMN vol.53
53  


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 発想・意外性・視点 | アルバム・楽曲・レコード盤

2017年06月14日

陽水、if

見た目に似合わず
恐怖症もちの多い陽水さん
以前ラジオ番組で芸能人恐怖症もあると告白
 
しかし、注目すべきは
娘が隣にいる恐怖症!
娘とは、依布(イフ)サラサさん
変わった名前だなぁと思っていたら
if(もし)という英語の意味があるらしい
しかし、
本来の漢字は「畏怖」だろう
“おそれおののく”
娘が隣にいる恐怖症の陽水さん
わかなくもない(笑)
依布(イフ)サラサさん、失礼しました m(._.)m
 
参考blog TV出演を控える理由は芸能人恐怖症




yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 家族・親子 | なに、これ!

2017年06月13日

ゆずはゆず、陽水は陽水さん

2017.6.7.の読売新聞夕刊に
陽水さんのコンサートに関する記事
ゆずと対比させながら
昨日のblog 陽水、名人芸 の続き
 
ゆずは呼び捨てなのに
陽水にはさん付け
確かに、グループと個人という差があって
ゆずにはさん付けしにくいが
陽水は、ある意味、ゆずと同じ商品名
呼び捨てでも構わない
ご本人もそう言っていたのだが
新聞社の記者でさえ、陽水さんと言わしめる
醸し出されている威厳、オーラなのだろうか
それとも
人間は恐ろしいものをみたり感じたりすると
おののき腰が引ける
そして抗(あらが)わないよう穏便に済ますために
丁寧な言葉になる
さん付けになっているのは
得体の知れない相手だからなのだろうか(笑)
 
参考blog
陽水と松本人志
陽水という商品名!



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 恐怖・怖い・怖いもの知らず | 存在・オーラ・大きさ・迫力・強さ

2017年06月12日

陽水、名人芸

2017.6.7.の読売新聞夕刊に
陽水さんのコンサートに関する記事
ゆずと対比させながら

一昨日のblog 陽水、生きるのがツラい の続き
 
「時間の無駄のようなトークも
 もはや名人芸
 これを聞きに足を運ぶ人もいるはず」
 
-----------------------------------------------------------
時間の無駄とは、失礼な(怒)
トークを聴くために足を運んでいる人
私こそその人物
トークは貴重、絶対に欠かせない
このblogが続くか否かがかかっているのだから(笑)
 



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0) トーク・コメント・MC | 笑い・お笑い・ボケ・ツッコミ・オチ

2017年06月11日

陽水、繊細で夜も眠れない

2017.6.7.の読売新聞夕刊に
陽水さんのコンサートに関する記事
ゆずと対比させながら

昨日のblog 陽水、生きるのがツラい の続き
 
私のこと
ゆずの歌のように
「勇気をもらえた」「背中を押してもらえた」
ということはないが
「どうにもこうにも生きるのがツラい
 ホントに希望がなくて…でもあのとき」
陽水さんの歌に出遭えたことで
楽になれたというのは確かにある
 
子どもながらに
繊細で夜も眠れないほど
これからどうなっちゃうんだろうと
毎晩苦しみ続けたが
陽水さんの曲やトークを聴きだしてからは
バカだねー!
えっ、こんなのあり!?
とメンタルが鍛えられ
今では悩みもそこそこに睡眠4時間
昼寝5時間の毎日
楽になり過ぎでしょ!
陽水さん責任とってください(笑)
 



yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 楽・楽しい・面白い | 外し

2017年06月10日

陽水、生きるのがツラい

昨日のblog 陽水対ゆず の続き

●のらりくらり対全力投球
 
ゆずの歌には「勇気をもらえた」「背中を押してもらえた」と
いう声をよく聞きます
でも陽水さんといったら
「どうにもこうにも生きるのがツラい
 ホントに希望がなくて…でもあのとき、
 あのコンサートがあったからどうにか頑張ってこれた
 …なんてことにはなりませんから
 気楽に聴いてください」
なんて言うのです
時間の無駄のようなトークも、もはや名人芸
これを聞きに足を運ぶ人もいるはず
 
-----------------------------------------------------------

オチをつけたトーク
いいですよねー (^^)v
確かに
思い詰めてステージを凝視し
人生をかけて聴きにきている
というようなコンサートはどうでしょうね
歌ったり演奏したりするミュージシャンも超重い
全員が立ち上がらなくても気にすることはないし
もっと気楽で、思い思いに、ふわっとね
日本もそんなライブが広がることを期待
陽水さんのコンサートにはそういう要素が満載
途中休憩15分もそれを狙ってでしょう
それともお年頃でトイレがガマンできなくなって!?
それもそれでok(笑)
 


yi_gaku at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸術・芸能・芸風 | なに、これ!
こんな方にお勧め!
陽水を聴き歌い、陽水に驚愕し享楽す、陽水の発想と表現その独創的な世界触れてみませんか。特に、中高生・大学生あなたをきっと豊かに強くする。
「陽水研究」学祭などどうでしょう。人気者になるか、変人扱いされるか。だけど、変わっているからこそ面白い。だから陽水!
記事検索
アクセスカウンター